バツイチ 婚活

バツイチでも男性の魅力は継続する

 

昔から、結婚している男性は余裕があって素敵に見えると言われてきました。家庭を持っているからこその優しさを他の周りの人にも向けることができたり、未婚の頃に比べて仕事を頑張るようになったりする姿が、女性から見ればとても魅力的な変身をしてしまいます。結婚してからフェロモンを出しているような状態になってしまうのです。そうやってモテモテになってしまうのが既婚男性です。

 

しかし男は男です。一度モテてしまえば様々な誘惑が襲ってきますが、それを振り解けない人はたくさんいます。そのため今でも不倫する男性や離婚までいってしまう夫婦も後を絶ちません。幸せな結婚生活が一瞬にしてドロ沼化してしまうと、夫婦としては「2度と結婚なんてするものか」という考えにもなりがちですし、多少のトラウマを抱えてしまうことになります。

 

様々な理由で離婚してしまうと、男性でも女性でもバツイチというレッテルを貼られてしまいます。昔はその言葉だけで周りから警戒され、婚活をしても再婚まで結びつけるためには大変でした。しかし、今ではその逆で、バツイチの男性の方がモテる傾向にあるのです。

 

それは結婚してから出ているフェロモンが継続して出ているからです。また結婚の憧れだけでなく、現実での良さも大変さも理解しているため、初婚の男性に比べて大人に見えてしまうのです。

 

確かにどんなことがあって離婚してしまったのか、もしもめてしまったのであれば次は大丈夫なのかなど、女性から見れば多少の不安要素もありますが、婚活パーティーなどの出会いの場においては再婚を前向きに考えて参加する男性が多いため、話をすればその不安もなくなるでしょう。またバツイチの男性は結婚生活の経験があるため、様々な場面でリードしてくれますし、結ばれた場合の将来の想像がしやすいのも特徴です。

 

参考:http://xn--u9jwfwa4fhq7f3f1862b4pub.com/

 

バツイチ男性が婚活に成功するためには

 

今や「結婚」とはどんなものかを知っている男性が女性から人気を集めていますが、だからと言って婚活パーティーなどの出会いの場で「バツイチです」と自慢げに言うのは良いことではありません。あくまで経験者がモテているというだけであって、バツイチというレッテルがモテているわけでないからです。そこを勘違いしてしまうとチャンスを逃してしまうので注意しましょう。
ではどうやってアピールしていけば良いのでしょうか。

 

婚活パーティーなどの出会いの場においては、積極的に優しさと気持ちと余裕をアピールしましょう。女性の飲み物に気を配ってあげたり、長時間ヒールを履いていて疲れていないか心配してあげたりなど。可愛い女性をあら探りするだけでは成功しません。様々な場面で声をかけ、相手を知るチャンスを作りましょう。

 

そうすれば女性もどんどん自分から話をしてくれるようになりますし、相手もいろいろ質問してくるようになります。そうなってから初めてバツイチを明かすようにしましょう。そうすれば「だからすごく周りに気配りできるんだ」と良い捉え方をしてくれるようにもなります。相手との距離が縮まってから、なぜ離婚したのかなどの踏み込んだ話をしていきましょう。内容次第ではありますが、言い方を工夫すれば悪い印象は持たれませんし、話すことで女性の警戒心を和らげることができます。

 

婚活は結婚前提にお相手を探す人がほとんどです。そのためもしも結婚したら、という仮定の話をするのは非常に効果的です。だからと言って経験者ならではの意見を女性に押し付けては相手に負担やプレッシャーをかけてしまいます。もう失敗はしたくないという気持ちがあるのは分かりますか、それは相手次第だけではなく自分次第でもあります。あくまで想像の話なので楽しく話せるよう心がけましょう。